Yoshie's Blog - O que eu sinto, penso e acho - 写真とスポーツとその他いろいろ


by canada-brasil
カレンダー

<   2006年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

3月30日 木曜日 晴れのち曇り

カナディアン・スポーツ・バーに友人と行き、サッカー、日本VSエクアドルを見た。そこはカナダ人がオーナーで、カナダ人のお客さんもけっこういた。

BS-i(TBSのBS放送)の大画面(プラズマ?)での映像はとてもきれいで、選手達の顔ははっきりと映し出される。

ケイジャン料理のチキンとオニオンリングを食べながら、サッカー観戦。前半は0-0。エクアドルは南米予選3位通過のチームだけあってかなり手ごわい。

ハーフタイムに激辛チキンを注文する。とっても辛い。

後半も点が入りそうで入らず、32分過ぎにやっとFWを2人とも交代。40分に、代わった佐藤寿人がゴールして、1-0でジーコジャパンは対南米初勝利を飾った!

今日の試合は国内組の最終選考試合と言ってもいい意味合いで、みな必死だった。特にFWは4人の枠に対して争いは熾烈。スタメンで入った久保と玉田は結果が出せず、代わった佐藤はきっちり結果を出した。明るい顔の佐藤に対し、特に当落線上の玉田の浮かない顔が対照的。

佐藤は大黒に似ているタイプ。ちょこちょこ走ってがむしゃらにゴールを奪う。ああいう貪欲さは必要よね。

試合が終わって、カナダ人のオーナーとお客さんと会話をし、お客さんはバンクーバー出身だった!

そのスポーツ・バーを出て、HMVに寄り、森山大道さんの写真をジャケットにしたCDを買った。今回の「写真よさようなら」のプロモーションはけっこうすごいと思う。

甲子園、早稲田実業は勝ったよ!すごい試合だったみたいだね。9回に逆転なんて。
c0056315_19177.jpg
c0056315_192944.jpg

[PR]
by canada-brasil | 2006-03-31 03:11

今日の出来事いろいろ

3月29日 水曜日 晴れ

三越の新館7階で行われている「笑っていいともin三越」を見に行った。「笑っていいとも」はかなり好き。出演者の控え室やメイク室やスタジオが再現されていた。

ディレクターが操作するような機械を使わせてもらって、二元中継の映像とかカメラの切り替えとか細工とかできて面白かった。

それから、カメラワークも体験できて、アップとかピント合わせとかできて(手動だって言ってたよ)、これも面白かった。

そして、本館の7階でも何かやってるのかなぁと思って行ってみたら、春の院展の展示だったので見た。すごくたくさんの絵画。同人(これって意味が分からないんだけど)の中には平山郁夫さんのもあった。

で、本屋に寄り、WBC特集の週刊ベースボールとプロ野球aiを買い、Newsweekを立ち読み。写真家のアンリ・カルティエ・ブレッソンの「瞬間の記憶」というドキュメンタリーが5月ごろ日本でも公開されるって!見に行かなきゃ。

遅くなったので、今日も簡単晩御飯。パスタを茹で、豚肉(カレーや肉じゃが用)、キャベツ、ジャガイモを炒めて、茹で汁で煮る。パスタと合わせる。ジャガイモがとろけるようになるくらいがポイントね。またまた激うま~!

以前に買っておいたブラジルの「ガラナ」も飲む。「ガラナ」大好き。日本だとブラジルの食材を扱う店でしか置いてないので、どこでも買えればいいのに。

苺はさちのかを買ったので食べた。おいしい。

甲子園の高校野球、早稲田実業は引き分けで、30日に再試合だって。勝って欲しいね。

「ダ・ヴィンチ・コード」はの上巻が29日までに発行部数100万部を突破、105万部、上・中・下の全3巻で累計273万部、単行本、文庫の合計で503万部だって。角川書店、儲かったよね。

この本に出てくるレオナルド・ダ・ヴィンチのモナリザと岩窟の聖母。モナリザはルーブルで見たけど、小さかったって記憶しかほとんどなくて、岩窟の聖母はルーブルとロンドンのナショナル・ギャラリーにあるらしいんだけど、両方行った事があるけど、見た記憶すらない。もう一度行ってじっくり見てみたいなぁ。
[PR]
by canada-brasil | 2006-03-30 07:18

うれしいお知らせ

3月28日 火曜日 晴れのち土砂降り(スコールみたい)

写真屋さんに行き、お姉さまと話していたら、そこでポジをビューアーで見ていた人が顔をあげ、声を出したので、見たら、大学時代の友人だった。彼女はカメラマンとして働いている。

お姉さまは用事があったので、すぐに帰り、その後少し友人と話した。

それから、ギャラリーを覗いてから(荒木さんが審査委員だった)、空手に向かった。

その途中で、友人に電話。うれしいお知らせ。M子さまは時に厳しく、時に激しく、私を叱咤激励してくれる貴重なお友達。恩返しできるようにがんばるので、期待していてね。森山大道さんへの道も一歩一歩だ!

今日は空手の最高師範がお休みで、女性の師範が教えてくれた。うれしいことがあったので、気合を入れて型をやった。稽古が終わってから、4ヶ月ぶりに稽古に来た黒帯の男性が私の型を誉めてくれた!「四股立ち(しこだち)がすごくうまくなった、空手らしい、さまになってる型だね」だって!超うれし~。

空手の道場から駅までの間、スコールのような激しい雨が降ってきた。一瞬にして洪水のようになってしまった。

ともあれ、苺ケーキはおいしかったし、いいことがいろいろあった1日だった!

「ダ・ヴィンチ・コード上」終了。今年の4冊目。明日から「ダ・ヴィンチ・コード中」に入る。この本は涙を流す、という類の感動はしないけど、目からうろこ的な知識の取得に対する感動は何回もする。さすが、世界中で読まれているだけのことはある。
[PR]
by canada-brasil | 2006-03-29 02:30

五芒星

3月27日 月曜日 晴れ

テレビを見たかったので、今日は簡単晩ご飯。いつもはご飯、味噌汁、魚、煮物か炒め物、その他なんだけど、今日は塩焼きそばを作ってみたよ~!豚肉、キャベツ、玉葱、椎茸、エノキダケを炒めて、焼きそば入れて、ソースにしようかと思ったけど、塩・胡椒にした。あと、ニシン(北海道産)も焼いた。

塩焼きそばもニシンも激うまだった!でも、塩焼きそばにタコとかイカとかホタテとかを入れて、シーフード塩焼きそばにしてもおいしいだろうなぁって思った。長崎ちゃんぽんみたいにさ。

さらに、けっこう大きいつぶの栃木産とちおとめも買ってきたので、それらにヨーグルトをかけて食べたぁ~!苺は食べ物の中で一番好きで、特に「とちおとめ」や「あまおう」や「さちのか」や「とよのか」や「章姫」はおいしい~。苺を食べると幸せな気分になるよ~♪

ところで、「ダ・ヴィンチ・コード」、もう少しで上を読み終わるんだけど、キーワードに五芒星っていうのがある。日本では星しか意味しないと思われているけど(少なくとも私はそう。しかも私の苗字は星なので、よくそのマークを書かれたりする)。キリスト教の世界では、五芒星っていうのはとてつもない深い意味を持っているのね。

しかも、元々リンゴを横に輪切りに したとき、その芯が造る形を五芒星と呼んだらしい。私が初めてリンゴを横に輪切りにしたら芯が星型になるってことを知ったのは、カナダでカナダ人のモルモン教徒の女の子とルームメイトになったとき。彼女はリンゴを横に輪切りにして、星型を示してくれ、「日本人は絶対リンゴを縦に切るから、このことを知らないのよね」って言った。私はそのとき、目からうろこが落ちた!

キリスト教のことを知るには聖書を読まないとだめだろうし、勉強しないといけないこともたくさんあるんだろう。日本では全く気にしていない星型とかリンゴとかがキリスト教の世界ではとっても重要な鍵になっている。

黄金比もまたキーワードで、その比率は1:1.618なんだって。それはバランスが取れているとされる比率で、人間の体や植物の花弁などの自然界や名刺などの人工物など、あらゆるところで見られる比率なんだってさ!

世の中にはほんと~に知らないことがたくさんあるね!だから、日々勉強ってわけなのよね。

写真はまた表参道ね。
[PR]
by canada-brasil | 2006-03-28 01:37

日曜日に思ったこと

3月26日 日曜日 曇り時々晴れ

今日はゆっくりした。

フジテレビの「堂本兄弟」のゲストは仲間由紀恵で、最近覚えたってことわざに触れていた。

「人を呪(のろ)わば穴(あな)二つ」

意味は、「他人を呪って殺そうとすれば、自分もその報いで殺されることになるので、墓穴が二つ必要になる。人を陥れようとすれば自分にも悪いことが起こるというたとえ」だって。

ほんとにそうだよねぇ。人を陥れようとしたら自分に帰ってくるのは当たり前さぁ。やっぱり清く正しく生きるに限るよね。

永田議員は「偽メール」の情報仲介者とされる元記者の名前を明かしたね。今や、自民党や他の野党ばかりか民主党内からも辞職を促されている。これ以上意固地にならずにきっぱり辞任した方がいいと思う。偽の情報で他人を傷つけたんだからね。

フィギュアスケート世界選手権の女子はキミー・マイズナー選手が金メダル。16歳だしバンクーバー・オリンピックでの浅田真央のライバルっていう感じ。村主章枝は銀メダル。サーシャ・コーエンは銅メダル。サーシャはなんでショート・プログラムはビックリするぐらい完璧で綺麗なのに、フリーになるとこけるんだろう?アメリカ人ってプレッシャーに強いってイメージがあるけど、弱い人もいるんだね。

ヤクルト製品に囲まれた生活って素敵だわ~!
c0056315_2331237.jpg

[PR]
by canada-brasil | 2006-03-27 01:37

パ・リーグ開幕

3月25日 土曜日 晴れ

パ・リーグが開幕!13時からの西武VSオリックスの荒川静香選手の始球式をテレビで見た。

14時過ぎ、ジムのために家を出ないといけないんだけれど、NHKでは高校野球の早稲田実業(早実)VS北海道栄が、テレビ朝日ではパ・リーグ開幕戦3元生中継が放送されていたので、とっても見たかった。

早実は王監督や元ヤクルト・現西武投手コーチの荒木大輔氏を輩出した名門。今回は18年ぶりの出場だけど、勝利は24年ぶりだそうだ。早実の選手たちが移動に使うマイクロバスは、王監督から昨年贈られたもので、23日の開会式の入場行進で履いたアップシューズは荒木大輔氏と元西武の石井丈裕氏から贈られたものなんだって!

パ・リーグはWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)で世界一になった影響で、開幕戦に3球場に昨年の開幕よりも約2万5000人多い10万6692人のファンが詰め掛けたそうだ。

WBCで野球の面白さをすっかり再認識させられてしまったので、甲子園もパ・リーグもすごく気になる。パ・リーグの開幕戦に勝利したチームはソフトバンク、オリックス、日本ハム。これからも楽しみだ。

神宮球場の近くでは「東京ヤクルトスワローズ告知大作戦」が展開されていて、東京メトロ外苑前駅構内には柱や壁のあちこちに選手の写真が、外苑前ビル壁面には古田監督のサインポスターが、東京メトロ外苑前駅から神宮球場に向かうスタジアム通りにはサインポスターや横断幕がいたるところに掲げられているらしい。

地元・青山商店会との協力で実現したんだけど、東京ヤクルトは今後も地元密着型でいく。開幕戦を見に行ったとき、写真を撮ってこよう!

今週は火曜が祭日で空手がなく、金曜もバドミントンがなかったので、ジムに行って1週間ぶりの運動らしい運動をしてすっきり!運動前にストレッチをしていて、とっても気持ちよかった。

ジムの帰りにスーパーに寄るんだけど、いつも飲んでいる「ヤクルト」(5本マルチパック)のパッケージが古田監督だったぁ~!しかもいつもより安かった!だから2つ(10本)買いだめした!!!

ヤクルトのCMにも古田監督が24日から出演しているらしい。まだ見てないので、ヤクルトがスポンサーの番組、チェックしよう!

写真は表参道のね。
[PR]
by canada-brasil | 2006-03-26 08:06
3月24日 金曜日 晴れ

表参道のギャラリーで行われた森山大道さんの「写真よさようなら」新装刊行トーク&サイン会に行った。

この「写真よさようなら」というのは1972年に森山さんが34歳のときに(今日のトークショーで森山さんご自身は「俺、32歳ごろじゃなかったかなぁ」とおっしゃってたけど、計算すると、やっぱり34歳???)発行された伝説の写真集とも言われるもので、初版本はもう売ってないので、コレクターたちがとっても欲しい一冊となっている。

その復刻版ではなくて新装版が発売されたのだ。18:45分ごろ、その「写真よさようなら」が出版社から到着。そして、予約した人は購入し、森山さんは19:15分ごろ、司会の人とともに登場した。

森山さんは、写真はだいたい何らかの記録に収斂していくけど、この「写真よさようなら」は何の記録でもない、でも自分の記録だって言った。遅く来た青春の記録だって。

それから、その当時はアートらしくないものがとっても気になっていたんだって。そして、いろんなことにむかむか、いらいらしていたとも言ってた。

トークの後は、サイン会。購入した本に、さっそくサインをしていただいた。

ギャラリーを出て少し歩くと、「徳富蘆花住居跡」の碑が立っていたぁ!「徳富蘆花は1900年10月に逗子からここに移ってきました。1905年12月再び逗子に移るまでの間に「思出の記」を完成させ、「黒潮」「慈悲心鳥」「霜枯日記」などの作品を次々に発表しました。」って書いてあった。

逗子のことを昨年ちょっと調べることがあって、徳富蘆花についても勉強したんだよね。逗子には蘆花記念公園がある。そして、1907年に、世田谷区粕谷に転居した。死去するまでの20年間をその世田谷で過ごしたので、そこは現在、蘆花恒春園として開放されている。「不如帰(ほととぎす)」という作品が 一番有名な作家だよ。

家に帰って「写真よさようなら」を見た。うん、森山さんの青春っていう感じがした。躍動感がある。
c0056315_125933.jpg

[PR]
by canada-brasil | 2006-03-25 01:35

WBCの問題点

3月23日 木曜日 雨のち晴れ

WBCの選手たちがそれぞれのチームに戻って始動した。東京ヤクルトの宮本選手と青木選手もいきなりオープン戦に先発フル出場。

青木選手は、1安打2盗塁、宮本選手は2安打の活躍で7-5で開幕戦の相手、阪神に勝利した!

岩村選手はは2次予選の韓国戦のホームインで右太腿を怪我をしたし、 ソフトバンクの川崎ムネリンも決勝の神の手ホームインで右ひじを痛めて開幕を外れるし、古田選手はWBCは秋にやった方がいいって言っている。

体が十分にできてない状態で極度の緊張の中でプレーをすると怪我の確立が高く、帰国してすぐに開幕という春の開催は問題があるって。

それに、審判は第三国から絶対出すべきだし、組み合わせもくじ引きにするべき。今回の組み合わせはアメリカが勝手に決めて、ドミニカやキューバなどとは決勝まで当たらないように仕組んだらしい。

それから、2次リーグから勝ち上がったチームは準決勝では逆の組と対戦するか、くじ引きで対戦相手を決めるのが普通なのに、同じ組で勝ち上がった組同士がまた準決勝でも対戦した。そのおかげで日本は韓国と3回も対戦して盛り上がったと言えば盛り上がったんだけど、日本がドミニカと戦う姿も見たかったなぁと思う。

次回は2009年でそれ以降は4年ごとの開催ということだけど、まだ開催地も決まってない。サッカーのWCのように確立した形になるまでには、まだまだ時間がかかりそうだね。

でも、アメリカがWBCを考え出したおかげで日本の野球が世界一だってことを証明できて、こんなに日本で野球が盛り上がったんだから、日本にとってはすごくいい大会だった。

ところで、東ハトの「リッチハーベスト ふんわりショコラ・ミルクガナッシュ」を買って、食べてみたんだけど、激うまだよ~!!!ハーベストはけっこう好きだけど、これはハーベスト2枚の間にふんわり軽いチョコムースが挟んであるんだよ~。おいしすぎる~♪苺味もあるみたい。私が行くスーパーにはなかったけど、ぜひ食べたい!ちなみに中田ひでは東ハトの非常勤執行委員です。

写真は今日も赤坂ね。
[PR]
by canada-brasil | 2006-03-24 01:35
3月22日 水曜日 晴れのち曇りのち雨

世界一監督&選手達が今夜凱旋帰国した。ほんと、何度見てもいいっていうのはこのことで、今日もニュースやスポーツニュースをはしごして、生インタビューなんかをじっくり聞き入ってしまいました。

決勝戦の瞬間最高視聴率は、キューバの最後の打者が三振に倒れて日本の優勝が決まった直後の関東で56.0%。すごい数字。

成田に出迎えに出た人も1000人で、私もできることなら行きたかったけど、空港まで有名人を出迎えに行ったことは今までに一度もない。2時ごろから待っていないと前の方は確保できないらしいし。

パ・リーグは今週の土曜日からもう始まるんだよね~。セ・リーグは31日金曜日から。ヤクルトは神宮で阪神を迎えるので、もちろん、見に行きます。

今日、「東京ヤクルトスワローズ新ユニフォーム発表会」がヤクルトホールで開催された。古田新監督の就任とともに今季からユニフォームを一新することになったのだ。

「BEAMS(ビームス)」がデザインしたユニフォームは右腕の袖に“Tokyo”の文字があしらわれ、縦じまはなく、『スワローテール』をモチーフにしているそうだ。

ファンクラブ用に送られてきたグッズが緑が基調だったので、ユニフォームも緑かな?って思ったりもしたけど、ホームが白でビジターが紺なので、よかった。シンプルでかっこいいユニフォームだと思います。

古田監督はいろいろタイアップなんかも考えているみたいだし、世界一になってこれだけ野球が盛り上がったんだから、日本のプロ野球も盛り上がって欲しいよね。

写真は赤坂の続き。
[PR]
by canada-brasil | 2006-03-23 02:27

日本、世界一!!!

3月21日 火曜日 晴れ

王JAPAN、世界一~! 

最高。その一言に尽きる。

11時過ぎに試合開始。野球好き友達と、「川崎ムネリンすご~い!」とか「青木が代えられた~。岩村だせ~。」とか変化がある度にメールで意見交換しながら、熱心に観戦。

1回表に日本が4点を取ってもキューバは不気味だってずっと思ってた。6回と7回に日本の内野でエラーが出て、8回にキューバに2点入れられて6-5の1点差まで詰められて、やっぱり簡単に勝てないなって。

でも、9回表にイチローのタイムリーで川崎が神業のホームインなどをして4点を追加すると、9回裏に1点を取られたけど、10-6で王JAPANが世界一に!

世界一が決まったのは3時過ぎ。今年の木村伊兵衛賞を取った鷹野隆大さんという写真家のトークショーに行こうってずっと思ってたんだけど、世界一選手たちのインタビューや関連ニュースをとっても見たくなり、テレビの前を離れることができなかったので、諦めることにして、夕方や夜の各局のニュースをはしごして見た。

胴上げ、インタビュー、シャンパンファイト、これまでの軌跡、生出演。何度見てもうれしい。

やっぱりイチローの存在が大きかったよね。彼の発言がメディアを通じて日本国民の心に響き、選手と日本国民の心を1つにしたよね。それに、彼の言葉や行動は青木や川崎や西岡といった若い選手達ばかりでなく彼と同年代の選手や王監督にまで影響を与えた。

それまで雲の上と思っていた人と食事ができたり、野球の話やそれ以外のいろんな話とかができるなんて、ほんと夢のよう。

今日の試合で川崎がエラーをしたあとのベンチの仲間の雰囲気が今回のチームメイトの関係のよさをすべて表していた。野球の技術だけでなく、人間的にも一流な仲間達。

王監督は紳士だしね、とっても。

東京ヤクルトの宮本慎也はチームの心の支えで、バッティングピッチャーもやり、準決勝でタイムリーを打ち、決勝の最後の守備につくことができたし、岩村は2次リーグの韓国戦のホームインでアウトになったときに怪我をしてまで闘志を示したし、青木は準決勝、決勝でスタメンで、いるだけで存在感があり、今後はこの貴重な経験を野球界で生かしてくれるだろうし、3選手とも貢献できてよかった!スバラシイデス!

いやぁ~、ほんと、うれしい。今となってはボブも韓国も日本の世界一をより感動的にするための演出に過ぎなかったと思えるよね。

今日はお彼岸の中日だし、おはぎとビフィーネ(昨年10月にミルミルに代わって新発売された)で祝杯をあげたよ~(近くのスーパーに苺味ジョアが売ってなかったので)!3月21日は日本の野球記念日だ。
[PR]
by canada-brasil | 2006-03-21 23:57